CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
お客様からのお便り

 今年は本当に雨の多い、太陽の弱い夏になりました。

 去年の今頃は、連日の猛暑に日本中が悲鳴を上げていたのが嘘のようです。

 そんな中、お客様からうれしい写真のお便りが届きました。

 

 今年は常緑ヤマボウシが見事に咲いたので見てほしいということです。

 

 ほんとうに見事な、葉が隠れて見えないほどの花です。

 寒肥がよく効いたのか、奥に繁っていたコナラの幹を間引いて光当たりがよくなったからか、たぶん色んな要件が複合してこうなったのでしょう。

 自然のものは、こうすれば必ずこうなる、という単線的なものでなく、重層的なものなので、いつまでも勉強させられます。

 またそれがこの仕事の面白いところでもあります。

 

 4月に施工した石敷きに、お客様がこつこつと集めた苔を張っていただいたとお知らせいただき、先日拝見しにゆきました。

 

 スナゴケやハイゴケ、タマゴケ、スギゴケ、実にたくさんの種類の苔を張っていただいています。

 

 苔の緑が入ったことにより、石の色味も面白く映えてきました。

 

 奥の方はまだ目地が残っているので、これからもじっくり愉しまれるそうです。

 

 さてこの頃は剪定仕事の毎日です。

 毎年のお客様に毎年のお庭、変わらないものと変わりゆくもの、しみじみ思い感じながら、お仕事させていただいております。

 

 

 

 

| - | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨入り

 今年もマタタビの葉が山裾を彩るようになり、梅雨入りとなりました。

 道を覆うような雑草や木々をかき分けて、田人の山からましらのように下りてゆく毎日です。

 

 先日仕上がったお庭の写真です。

 

 

 

 施工前はこんな感じでした。

 

 

 昨年同じ季節に庭作りさせていただいて、手付かずだった階段と擁壁が、新しくなった庭の雰囲気に合わない、ということで、今回の追加工事になりました。

 

 

 古い階段を壊し、石積をしました。

 

 

 間知ブロックの擁壁にモルタル下地をし、タイルで模様を付けました。

 

 

 土壁風に上塗りし、階段踏面に一二三石模様をつけました。

 

 

 既存のネットフェンスを撤去し、板塀にしました。

 

 

 

 さて、梅雨入りとなり、今は剪定・管理仕事に追われる毎日です。

 雨が恨めしいやら、からだ休めができてほっとするやら。

 谷間にネムノキが咲きだすと、夏本番になります。

 

 

 【付記】自宅入口の土留め石に少し植栽をしてみました。

 植木畑にあった余り物の、ドウダンとサツキです。ツリバナマユミも一本植えてみました。

 石と緑の相性の良さを感じます。

 暇をみて少しずつ増やしてゆくつもりです。

 

 

 

| - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨休み

 久しぶりの雨休みになりました。

 晴耕雨読といいますが、この春は何やかんやと雨読する間もなく動いておりました。

 連休中にとりかかっていた自宅入口のスロープは、取り合えずこんな感じになりました。

 スロープの砂利敷きした部分が、もとの石積のあった範囲です。

 

 

 歯が立たなかったもとの石積壊しは、どうしたかというと、

 こんなことや、

 

 こんなことをして、なんとかやり終えました。

 (お客さんのお庭では決してこんな危ないこと致しません!)

 

 

 

 ピック付きのバックフォーを借りればよかったのですが、連休中で重機屋が開いておらず、苦肉の策でした。

 あとは、細かい手作業と植栽などして完成の予定です。

 

 さて、駐車場の石張り仕事は5月後半にようやく完成いたしました。

 

 

 目地に苔が乗りやすいように粘土質の真砂土を入れました。

 あとはお施主さんに、周りに自生しているハイゴケや、タマリュウ植えをお任せして、お引渡しとなりました。

 作業中、モミジがいい木蔭をくれました。

 

 

 さて、現在は次のお庭作りに励んでおります。

 あと少しで完成ですので、またご報告いたします。

 

 

| - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
5月のあれこれ

 

​ 林縁にマタタビの葉が白くなると、もうすぐ梅雨になるのだな、 と思います。

 このあと合歓の木が眠たげな花を開き、山百合が濃厚な香りを漂わせると、もう夏本番です。

 

​​ さて4月後半から5月のお仕事のご報告です。

 おかげさまで忙しく働かせていただきました。

 

 モミジの植栽とタマリュウ植付。

​​

 延べ段作りと錆砂利敷き。

 

 

 お庭のリフォーム。(築山造成・植栽・錆砂利敷き)

 

 

 

​ 草花植付。​

 

 

 

​ 合間にお手入れ作業にも回らせていただきました。

​ 笹刈り。

 

​​ 芝刈り。

 

 

 

 植木畑の草刈りもして、陽が長くなり、草木が伸びると植木屋さんの休む間はありません。(笑)​


​​ さあ、いよいよ剪定シーズン。

 季節ごと、毎年きまって咲く花や鳥の声、虫の声、そしてお客様に喜んでいただけるお言葉を励みに、この夏も頑張ります。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

​ 

| 庭仕事 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月の作庭

 4月前半は、広野町のお庭作りでした。

 朝夕の渋滞につかまると往復3時間のロングドライブ。

 昔録りためていたカセットテープ聴きながら、7日間通い詰めました。

 特に仕事帰りの疲れた身体で聞く昭和演歌は、身に染みました。(笑)

 ちょうど桜の時期で、あちこちで繰り広げられる柔らかな彩りの景。

 高台に出来たバイパスを通ると、広がる海の青。

 水平線はいつも目線の高さに移動するのでした。

 

 さて今回のお庭は、リビング窓前の坪庭のようなお庭。

 仕事で疲れた身心を癒す緑の空間を作ってほしい、というご依頼でした。

 

 まずは、お庭に降りるための沓脱石設置場所を砕石で転圧。

 

 沓脱石設置。

 黒御影石を、北茨城の神永石材さんに加工してもらいました。

 

 既製品のガーデンパンを取り外し、苔のついた川石(鮫川石)で囲いました。

 

 目皿を取り付け、松煙を入れたモルタルで固めました。

 

 飛び石でゾーニング。

 

 駐車場からの通路部分は踏み固められて、据えるのが大変でした。

 

 高木から植栽。

 水栓周りにはセキショウを植えました。

 

 駐車場側、丸窓前には黒竹。

 囲われたスペースなので、竹類も安心して植えられます。

 

 低木、下草など植栽。

 

 飛び石でゾーニングされた空間に、リシマキア、アジュガ、リッピアなど分けて植えています。

 

 立水栓は雰囲気に合わせて、蛇口を取り替え、竹で囲いました。

 

 完成。

 

 

 

 

 まだ芽吹いていない、秋明菊、秋海棠、ホスタなどの苗も植えています。

 フェンス沿いに植えた、アイスバーグ(つるバラ)の伸張も楽しみです。

 これから季節ごとに彩りを変えるお庭を、どうぞお楽しみください。

 ご縁をいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 庭作り | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/119PAGES | >>