CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
一月の日々

 

 正月休みは、引っ越し以来手付かずだった土蔵の整理をしました。

 この辺りは、昔コンニャク栽培が盛んで、あちこちにコンニャクを燻した土蔵が残っています。

 

 

 土蔵から外に出した黒い木箱。

 この中に秋に掘り出したコンニャク芋を入れ、冬の間燻しながら温めて保管し、春にまた畑に戻していたようです。

 これを三年繰り返してやっと出荷となったそうです。

 阿武隈山系では広く栽培されていたようですが、中国産に押されて今はほとんど作る人はいません。

 

 木箱を出すと面白い空間になりました。ここは二階です。右側は茶室の躙り口のようになっています。

 

 梁もしっかりしています。

 全体に燻されて黒々としています。

 

 一階部分。

 土間に板を被せているところが炉になっていました。

 

 木臼や木桶、足踏み式脱穀機、蒸し器などもありました。

 

 仕事の合間にここを「隠れ家」に作り変えています。

 中に籠って作業していると、独特の小宇宙を感じます。

 

 さて、ちゃんと仕事もしています。

 松の剪定。

 

 工場の剪定。

 

 

 大きくなりすぎてしまったコナラの幹伐採。

 

 株本からもういちど幹をふかせます。

 

 いわきで最初に作らせていただいたお庭です。

 

 そんなこんなしているうちに大雪になってしまいました。

 

 雪かきのあと薪割りをしました。

 

 薪を割ると木の成長の様子がよくわかります。

 

 どんな風にして枝が分かれてゆくのか。

 

 新しく作った薪棚。

 ありあわせの材料で作りました。

 

 雪のある時を活用して残材の野焼きもしました。

 少しくらい火の粉が飛んでも安心です。

 木灰・炭は良い肥料になります。

 

 雪の日には雪の日の働き方、楽しみ方があるものです。

 さて、二月は久しぶりの石積仕事が待っています。

 今度は石と重力と向き合います。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

 

| 日々 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
よいお年をお迎えください

 去年三人で回っていたお庭を、今年は一人になってしまった為、6月から12月までずっとお手入れだけの日々でした。

 この人手不足はいつまでつづくのでしょう。

 会う人ごとに話を訊くと、ことは建築業界に限らないようです。

 少子高齢化、地域格差に世代間格差、構造の大きな変革が起きているようです。

 それでも今日は、今日のいちにち。

 最善のかたちで一日を仕舞えるよう、何か美しいものに出会えるよう、生み出せるよう、念じながら、祈りながら、なんとか日々をつなげたら、今年ももう仕舞いの日を迎えました。

 どうぞ皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 震災翌年に作らせていただいたお庭。

 池の金魚も大きくなりました。

 脚立の上から撮っています。

 

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 手入れ | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
お手入れの日々

 盆前のお手入れ仕事に精を出しているうちに、またあっという間に時間が経ってしまいました。

 しばらくぶりのブログ更新です。

 

 こちらは昨秋作庭させていただいたお庭。

 駐車場兼スロープを石模様のカラクリート仕上げにさせていただいたのですが、白華が抜けず困っていました。​

 

 建築施工側が探してくれたのが、ヤブ原産業の「スーパーエフロクリーン」。

 こすり落とすのではなく、霧吹きで吹きかけて、泡が出たらすぐに洗い流すのがコツでした。

 

 薬剤を吹きかけては洗い、吹きかけては洗いして3〜4度。

 すっかり白華が取れました。

 これはすぐれものです。

 いい勉強になりました。 

 

 

 さて真夏のお手入れ仕事、こちらは丸三年手が入らず、伸び放題に荒れてしまったお庭。

 新盆前にすっきりさせたい、ということでお手入れに入りました。

 

 

 不要な植木は伐採して、石組みが見えるようになりました。

 

 

 こちらは門構えと松のバランスが素敵なお庭。

 

 青空に透かした松葉が映えました。

 

 こちらは和風のお庭から少しずつ、雑木林風に作り変えさせていただいたお庭。

 コナラやモミジの幹がだんだん太くなって、小流れとの雰囲気も良くなってきました。

 

 樹高は二階の屋根の高さに抑えています。

 

 作庭させていただいたお庭は、お手入れしていると格別の感慨を覚えます。

 内郷のお庭。

 

 

 東海村のお庭。

 

 

 洋向台のお庭。

 

 

 さて金銀の箔を降らすようなヒグラシの声も終わり、秋明菊が花開いてきました。

 去年3度、一昨年4度刺されたハチに今年はまだ一度もやられていません。

 このまま無事に夏が過ぎてくれるのを祈るばかりです。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 庭仕事 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
剪定シーズン=梅雨入り

 ぼやぼやしているうちに、またブログ更新がひと月近く経ってしまいました。

 梅雨入り雨休みの本日、このひと月の現場報告いたします。

 

 取り掛かっていた作庭は無事おさまりました。

 園路舗装だけ家内に手伝ってもらい、あとは全く一人作業でした。

 (植吉では引き続き人材募集中です!

  一緒にたのしく働きましょう!)

 

 版築型枠。材料を流し込むのではなく、突き固めるのでがっしり作ります。

 

 打設の日はあいにくの雨模様。

 急ごしらえのテントを張りました。

 お施主の旦那様が手伝ってくださいました。

 

 型枠外した直後。

 土の色とセメントの種類を変えて、地層模様を作っています。

 

 上部は植木鉢仕様にしてサフィニアを植えました。

 

 つづきは園路。

 模様石を据えて、メッシュを張って、

 

 ひたすら叩く、敲く、撫でる。

 翌日家内は腕が上がらなくなりました。(笑)

 

 洗い出しして、仕上げ。

 

 それから外周の土留め石。

 庭の範囲を明確にします。

 庭は区切ることによって奥深くなります。

 

 客土して植栽。

 カブトムシが作った自家製腐葉土や炭や木灰を混ぜています。

 

 植えたのは、アオダモ、ヤマボウシ、シャラ、トキワマンサク、ハナモモ、フイリマサキ、キンモクセイなど。

 

 下草を植えると景がもっと締まりますが、施主様のお楽しみに残しておきました。

 現場は自宅から歩いて10分のご近所。

 顔見知りの人達が、毎日声をかけてくれました。

 ありがとうございました。

 

 さていよいよ剪定シーズンが始まりました。

 これから盆まで大雨の日以外は休みなしです。

 

 このひと月の間に回ったお庭たち。

 

 昨年作らせていただいたこのお庭。

 ご夫婦がこまめに除草されていていつも綺麗です。

 

 こちらは2年前に作らせていただいたお庭。

 アジュガやリシマキアがびっしり広がりました。

 

 駐車場側のバラも大きくなりました。

 

 こちらは10年も前からお手入れに入らせていただいているお庭。

 少しづつ、作り変えさせていただいております。

 

 こちらは、独立して最初の頃からお手入れさせていただいているお屋敷。

 

 いつもお世話になっております。

 

 こちらのお庭は作庭してもう8年目になります。

 

 初めて版築塀を作らせていただいたお庭でした。

 

 旅館の松の手入れも始まりました。

 

 二連梯子組み合わせて樹冠に手を入れています。

 さすがにびびります。

 

 毎年同じ頃にお伺いしているお客様に元気をいただきながら、仕事させてもらっています。

 本当にいつもありがとうございます。

 上期の剪定シーズン=梅雨の季節。

 雨にも風にも夏の暑さにも負けず、お盆までがんばります。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 手入れ | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
家周りのことなど

 じたばたしない、と言いながら、ちょっと雨が小止みになると気もそぞろ。

 いそいそと作業着に着替えて、刈り払い機軽トラに積んで、土場の草刈りに出向こうとしたら、またパラパラと雨。

 今日は諦めて家に籠ります。

 

 連休前後は家周りの造成にかまけておりました。

 バックフォーレンタルして、

 

 原野にクルマの入れる通路を作ります。

 

 モミジの根系を傷めないよう気を付けながら、駐車場も広くします。

 

 

 法面下には暗渠用に敷地に生えている竹を埋めました。

 

 モミジに繋がれていたとらすけ(♀)は、所在なさげにうろうろ。

 

 上までの通路ができました。

 

 この通路を作ったのは、狭い入口を拡張して、残土を上の土地に運びたかったためです。

 この石積、入口付近でブロック除いた高さが3mあります。

 幅は2t車がやっと通れる狭さ。

 ここを広げるのには、この石積みを壊さなければなりません。 

 

 ブロックは簡単に壊れました。

 

 続いて、先日伐採したカヤの木の伐根。

 拡張しなければならない場所に生えていました。

 

 やっと掘り取った根は、ダンプいっぱいの大きさでした。

 

 

 石積の裏はこんな感じ。

 

 バックフォーの爪で壊そうとしましたが、このクラスのマシーンでは歯が立たず。

 余裕もないので、石積壊しは次回にして、通路両脇の植栽と砂利敷き。

 

 畑に余っていたトキワマンサクとキンモクセイを植えました。

 広くなった駐車場の木陰で休む犬。

 

 さて、手を付けたいことは山積しており、その一つが外壁改修。

 古いトタンの外壁を、焼き杉板か何かで張り替えるのが希望でしたが、資金も時間もなく、取り敢えずペンキで塗りなおすことにしました。

 

 作業前。

 

 作業後。

 

 まだ裏面が残っています。(泣)

 玄関両脇のジャイアンのセーターのような模様もなんとかしたい。

 

 最後に、敷地に生えている出猩々(デショウジョウ)の七変化。

 鮮やかに赤かった新葉が、

 

 

 ところどころオレンジ色になり、

 

 しだいに緑が増えて、

 

 今では普通のイロハモミジと変わらなくなりました。 

 

 これが秋にはまた紅葉します。

 不可思議ながら嬉しい季節です。 

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 日々 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/117PAGES | >>