CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
剪定シーズン=梅雨入り

 ぼやぼやしているうちに、またブログ更新がひと月近く経ってしまいました。

 梅雨入り雨休みの本日、このひと月の現場報告いたします。

 

 取り掛かっていた作庭は無事おさまりました。

 園路舗装だけ家内に手伝ってもらい、あとは全く一人作業でした。

 (植吉では引き続き人材募集中です!

  一緒にたのしく働きましょう!)

 

 版築型枠。材料を流し込むのではなく、突き固めるのでがっしり作ります。

 

 打設の日はあいにくの雨模様。

 急ごしらえのテントを張りました。

 お施主の旦那様が手伝ってくださいました。

 

 型枠外した直後。

 土の色とセメントの種類を変えて、地層模様を作っています。

 

 上部は植木鉢仕様にしてサフィニアを植えました。

 

 つづきは園路。

 模様石を据えて、メッシュを張って、

 

 ひたすら叩く、敲く、撫でる。

 翌日家内は腕が上がらなくなりました。(笑)

 

 洗い出しして、仕上げ。

 

 それから外周の土留め石。

 庭の範囲を明確にします。

 庭は区切ることによって奥深くなります。

 

 客土して植栽。

 カブトムシが作った自家製腐葉土や炭や木灰を混ぜています。

 

 植えたのは、アオダモ、ヤマボウシ、シャラ、トキワマンサク、ハナモモ、フイリマサキ、キンモクセイなど。

 

 下草を植えると景がもっと締まりますが、施主様のお楽しみに残しておきました。

 現場は自宅から歩いて10分のご近所。

 顔見知りの人達が、毎日声をかけてくれました。

 ありがとうございました。

 

 さていよいよ剪定シーズンが始まりました。

 これから盆まで大雨の日以外は休みなしです。

 

 このひと月の間に回ったお庭たち。

 

 昨年作らせていただいたこのお庭。

 ご夫婦がこまめに除草されていていつも綺麗です。

 

 こちらは2年前に作らせていただいたお庭。

 アジュガやリシマキアがびっしり広がりました。

 

 駐車場側のバラも大きくなりました。

 

 こちらは10年も前からお手入れに入らせていただいているお庭。

 少しづつ、作り変えさせていただいております。

 

 こちらは、独立して最初の頃からお手入れさせていただいているお屋敷。

 

 いつもお世話になっております。

 

 こちらのお庭は作庭してもう8年目になります。

 

 初めて版築塀を作らせていただいたお庭でした。

 

 旅館の松の手入れも始まりました。

 

 二連梯子組み合わせて樹冠に手を入れています。

 さすがにびびります。

 

 毎年同じ頃にお伺いしているお客様に元気をいただきながら、仕事させてもらっています。

 本当にいつもありがとうございます。

 上期の剪定シーズン=梅雨の季節。

 雨にも風にも夏の暑さにも負けず、お盆までがんばります。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 手入れ | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
家周りのことなど

 じたばたしない、と言いながら、ちょっと雨が小止みになると気もそぞろ。

 いそいそと作業着に着替えて、刈り払い機軽トラに積んで、土場の草刈りに出向こうとしたら、またパラパラと雨。

 今日は諦めて家に籠ります。

 

 連休前後は家周りの造成にかまけておりました。

 バックフォーレンタルして、

 

 原野にクルマの入れる通路を作ります。

 

 モミジの根系を傷めないよう気を付けながら、駐車場も広くします。

 

 

 法面下には暗渠用に敷地に生えている竹を埋めました。

 

 モミジに繋がれていたとらすけ(♀)は、所在なさげにうろうろ。

 

 上までの通路ができました。

 

 この通路を作ったのは、狭い入口を拡張して、残土を上の土地に運びたかったためです。

 この石積、入口付近でブロック除いた高さが3mあります。

 幅は2t車がやっと通れる狭さ。

 ここを広げるのには、この石積みを壊さなければなりません。 

 

 ブロックは簡単に壊れました。

 

 続いて、先日伐採したカヤの木の伐根。

 拡張しなければならない場所に生えていました。

 

 やっと掘り取った根は、ダンプいっぱいの大きさでした。

 

 

 石積の裏はこんな感じ。

 

 バックフォーの爪で壊そうとしましたが、このクラスのマシーンでは歯が立たず。

 余裕もないので、石積壊しは次回にして、通路両脇の植栽と砂利敷き。

 

 畑に余っていたトキワマンサクとキンモクセイを植えました。

 広くなった駐車場の木陰で休む犬。

 

 さて、手を付けたいことは山積しており、その一つが外壁改修。

 古いトタンの外壁を、焼き杉板か何かで張り替えるのが希望でしたが、資金も時間もなく、取り敢えずペンキで塗りなおすことにしました。

 

 作業前。

 

 作業後。

 

 まだ裏面が残っています。(泣)

 玄関両脇のジャイアンのセーターのような模様もなんとかしたい。

 

 最後に、敷地に生えている出猩々(デショウジョウ)の七変化。

 鮮やかに赤かった新葉が、

 

 

 ところどころオレンジ色になり、

 

 しだいに緑が増えて、

 

 今では普通のイロハモミジと変わらなくなりました。 

 

 これが秋にはまた紅葉します。

 不可思議ながら嬉しい季節です。 

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 日々 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨休み

 久しぶりの雨休み。ほんとに久しぶりにブログを更新いたします。

 

 先月苦労した芝桜、見事に咲いてくれました。

 

 あれから竹垣仕事をしたり、

 

 

 土留め石を設置したり、

 

 

 はたまた別の現場では家屋建て替えに伴う庭の解体工事。

 

 昨年まで手入れしていた植木をやむを得ず伐採。

 妙な疲れが出ました。

 

 伐採後の石組み。

 しっかり組んであります。

 

 景石も撤去。

 

 全部鮫川石。

 次の出番まで、自宅の隅で休んでもらいます。

 

 新しいお庭作りが始まっています。

 玄関前の石張り。

 

 苔目地にしました。

 

 デッキ前に芝張り。

 

 園路工事と版築基礎。

 

 ここまで来て今日の雨になってしまいました。

 まったく一人でよくやります。

 今日の雨は、良い骨休め。

 雨の日には雨の日に出来ることをする。

 じたばたしない。

 そう自分に言い聞かせて久々のブログアップでした。

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 日々 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
植裁之日々

 

梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳ャなよなよ風次第
山吹や浮気で 色ばっかり
しょんがいな ♪

 

 この時季になるとつい口ずさんでしまう江戸端唄、植木畑にストックしてある植物たちも、次々に花開いています。

 

 紅白に咲き分ける梅、「思いのまま」。

 

 開花の早い落葉ツツジ、「吉野ツツジ」。

 

 和紙の原料になる「ミツマタ」。

 

 一雨ごとに雑草もぐんぐん伸びて、また植物との格闘が始まります。

 

 先日の芝桜は、なんとか全量植え付け終わりました。

 だんだんきつくなる傾斜に、蛙のようにへばりつきました。

 

 

 昨年からお話のあったお庭にも、ようやく木をいれることが出来ました。

 

 もうすぐ若葉が芽吹いて、ブランコに乗るお子さんに、そよ風が吹くでしょう。

 

 こちらは工場の植裁。

 

 

 現場の合間に、また競り市で植木を仕入れてきました。

 

 こちらの畑も雑草が伸びてきました。

 

 このあいだ造成した自宅の庭にもいくつか追加植裁しました。

 

 自宅庭は、合間仕事なので、いつまでも「工事中」です。

 紅枝垂桜がもうすぐ開花しそうです。

 

 夕方、奥の山に分け入ってみました。

 「からさわ」の地名の通り、ほとんど水のない沢が奥まで続いています。

 

 とらすけ(♀13歳)が笑いながら付いてきます。

 

 山の中でモリイ(♀2歳)に出会いました。

 すばしっこくて現場写真は撮れませんでしたが、こんなところまで出張っているようです。

 ときどき野鳥など捕ってきて、家の中を羽毛だらけにします。

 

 夕方5時過ぎてもまだ明るいので、3月に伐った榧(かや)の木の皮むきをしました。

 土塀や竹垣の柱用にストックして置きます。

 

 両側に取っ手のあるこの道具は「銑(セン)」といいます。

 よく切れます。

 表皮の下の赤身と白身、だんだん動物の肉をそぎ落としているような気になってきます。

 

 植物も動物も、そしてこの自分も、同じ時のなかを生き循環しているのかも知れません。

 過去も未来も、線形として考えればその膨大さに目がくらみます。

 けれど循環する現在として感じれば、新しい根が伸び、芽がふくらみ、また花開いてゆくような気がします。

 

 そんな気持ちで木を植えています。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

 

| 日々 | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の音

 さて、しばらくブログをさぼっている間に、窓の外では梅の花が咲いています。

 メジロもちらほら見かけるようになりました。

 山も新芽が動き出して、赤ん坊の肌のように薄桃色です。

 

 

 あれから、お客様仕事の合間に自宅敷地の榧の木を伐採したり、

 

 

 (向こうの山が見えるようになりました)

 

 

 ひたすら薪割りに勤しんだり、

 

 

 建屋近くの法面を整地・移植して、庭作りめいたことをしていました。

 

 

 

 

 去年の7月の同じ場所の景。

 ガマズミ(カリンカ)の実が紅く美しかったのですが、長年の降雨で土砂が家側に押し出され、建屋が湿気ぽかったので、いつかなんとかしたいと思っていたのでした。

 カリンカ以外は全部移植・伐採しました。

 

 

 奥の竹藪を払ったら、渓の側に調整池のような窪地がありました。

 セキショウ(石菖)が自生しています。

 山水を濾過するタンクのようなものがありますので、昔の住人の工夫の跡なのでしょう。

 以前、ここより500mほど上の開拓集落に住んでいた頃、乾期の水涸れに苦労したことがありますので、「ヒネルトジャー」の水道は、本当にありがたいです。

 

 

 さて、自宅周りで遊んでばかりはいられません。

 老人介護施設の、法面一面に芝桜を植える仕事をいただきました。

 

 

 まず表土の雑草根やガラなどを丁寧に取り除き、

 

 

 腐葉土・木炭・完熟牛糞堆肥などを混入し、

 

 

 ひたすら植え付けます。

 166屐4150ポット。

 粘土地盤なので、なかなか捗りません。

 膝腰が痛みます。

 

 

 こちらの施設に昨秋植えさせていただいたサクラが咲いています。

 河津桜なので早いです。

 施設の職員さんや、入所しているご老人たちに大変喜んでいただいているようです。

 いのちの春。

 春の音。

 芝桜植え付けはまだ、半分終わったというところ。

 膝腰さすって頑張ります。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 庭仕事 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/117PAGES | >>