CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 【お手入れ】仕上げ 掃除 | main | 【HP更新】竹垣施工・改修 >>
青竹洗い

竹垣に使う青竹を水で洗ってキレイにするのも見習いの仕事です。竹の表面を覆っている透明な部分を傷つけないように汚れだけ落としていきます。
 竹垣に使う竹は、基本的に固くてしっかりした「真竹」です。食べて美味しい孟宗竹や破竹は、やわらかいのであまり使用しません。
 写真の竹は、いわき市田人町産のれっきとした地竹(こんな言い方あるのでしょうか?)です。
 田人の山持の方にお願いして、竹林から切り出して枝を落としたものです。
 昔はみんなこんな風に近場から切り出して使っていたのでしょうけれど、今は材料屋さんで枝を落とした竹が置いてあり、そちらを使った方が手間もかからずコスト的には安くなります。
 ですが、この辺りの材料屋さんでは中国産の竹が多くて、今のところ良い竹を置いているところがなかなかないんだそうです。(親方談)
 中国産が悪いというわけではないのですが、厚みのない若い竹が混じっていることが多いようです。竹が肉厚でしっかりしているというのは、良い竹の条件のひとつですが、今ひとつ(ふたつ、みっつ…)厚みが足りないとか。
 それから、多分季節を選ばずに切っているためだと思うのですが、カビが生えているものも混じっていることもあるそうです。(竹を切るのに適した時期は、日本の季節だと「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われ、竹が水分を含み、中に虫がいることも多い夏場は避けます。)
 こういう理由で、ほとんど必要に迫られて、自分たちで竹を調達することになりました。
 竹を取る手間はかかりますが、田人産の竹は肉厚でしっかりした立派な竹ばかり。
 もちろん季節もちゃんとした頃合いに切っています。
 こんな風にちゃんとした竹を使って竹垣に作ると、作った後の持ちが全然違ってきます。
 
 昔は竹林があれば、竹垣作りの植木屋や竹編みの人たちが切らせてくれとやってきて、竹林はいつもキレイに保たれていたそうです。
 最近は、そんな人たちは誰も来ないので、竹林が荒れて仕様がない、と今回切らせてもらったところとは別の所有者のおばあさんがぼやいていました。


| 携帯 | 08:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
小梅さん、お久しぶりです!
やっと見られました。実は探してたんです(笑)

松吉さん、とても丁寧なお仕事をされるのですね、
しかもしっかりと勉強されていて頭が下がります。

竹磨きってけっこう辛いんですよね。
なかなか青くならなくて、しかも冬の門松の時期なんてもう水はちべたいし。

とてもステキな場所を散歩されていて、本当に羨ましいです。良いところにお住まいですね〜。

秋田の親方によろしくお伝えくださいね、
私はとりあえず息はしていますって(爆)
またお邪魔します!
| ジネン | 2006/12/12 3:24 AM |
ようこそジネンさん、いらっしゃいまし。
お早いお着きですね(^^)

竹磨き、写真に映っていますが、支柱を縛ったりするときに緩衝材に使うあれ(名前なんて言うんだったかしら。親方に後で聞こう)を使うといいんですよ。
傷をつけずに汚れだけ落とせます。

ジネンさんのHPのどこかに門松載せられていましたね。
あんなに立派じゃない簡単なミニ門松を今年も作りたいのだけれど、時間がないーと親方は渋い顔をしていました。
差し上げた方には喜ばれるのですが、時期が…(泣)

あんまり親方衆にご覧になられると、大嘘書いていないかと冷や汗かいてしまいます(^^;)

また遊びにいらしてくださいまし。
どうもありがとうございました。
| 小梅 | 2006/12/12 5:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック