CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 【エッセイ】石積の思い出 | main | 【お手入れ】「都会のノブアキ」 >>
【お手入れ】木の人生


今日はサツキの透かしに挑戦です。
サツキ、ツツジと言えば「刈り込み」のイメージが強いですが、夏以降は翌春の花芽が形成されてしまっているので、刈り込みはしません。
夏以降に刈り込んでしまうと、花芽まで一緒に切ってしまうので、次の春に花が咲かないのです。
ですから、この時期は透かしだけして、軽く形を整えて次の春を待ちます。

本日のサツキの透かし講義。

(私のした透かしの仕上がりを見て)

親方「オマエは上からだけ見て透かしてるからダメなんだよ。
まず根元から、気の流れを見てみろよ。」

(屈んで、根元から枝を見る。はー、これが気の流れかー)

親方「気の流れって言うのは、エネルギー(命)の流れなんだ。
木の過ごした時間、木の人生そのものなんだ。
それを見て、どこでこの枝が人生誤ったか直してやるのが透かしなんだよ。
いいか、この枝の分かれ目が、この木のエネルギーの分岐だ。
おかしな枝は分岐まで戻して、そこから、命をやり直させるんだ。」

(まるで非行児童の更正教育みたいだ…。)

親方「間違った枝を抜いて、立派な木になるんだぞ、と直してやるのが、透かしなんだ。」

私「親方、この根元からおかしな奴はどうするんですか?」

親方「そう言うときは、太宰治だ。生まれてきてゴメンナサイだ。」

さすが元塾講師。
分かりやすい講義でした。
枝を抜くたびに「立派なサツキになるんだぞ〜」と呟いていたら、「そう言うのは心の中で言うもんだ」と言われてしまいました。



| 携帯 | 19:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
小梅さん、綺麗に透かしましたね。

>気の流れって言うのは、エネルギー(命)の流れなんだ
私も正座して、透かし講義に加わりました^^。
この話いいですね。
胸に響いてきます。
うちの若衆に使ってもいいでしょうか(笑)。

>そう言うときは、太宰治だ。生まれてきてゴメンナサイだ。
これもいいです!
でも、言ってもわかんないだろうなあ(涙)。
これは、津軽生まれの妻に話します(笑)。
| 紅の葉 | 2006/12/15 1:39 PM |
秋田の親方、こちらでもこんにちは。

>綺麗に透かしましたね。

どうもありがとうございます!
…と言っても、親方に大幅に直された後ですが…。

>うちの若衆に使ってもいいでしょうか

お役に立つようでしたら、どうぞ使って下さいませ。(と親方も言っています)
今日の日記で、続編も書いておきましたので、そちらも参考になりましたら、どうぞ。

太宰ネタも反応していただいて、嬉しいです。
東北なら、宮沢賢治と太宰治は必須ですよね(ちょっと嘘)
奥様、津軽の方なんですね。
津軽もいいなぁ…。
(一昨年に岩手に行ってから北東北フェチなのです)

| 小梅 | 2006/12/16 10:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック