CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 【庭作り】園路はこんな感じ | main | 【庭作り】左官屋さん! >>
【山野草】ヤマエンゴサク
今日は地元の植木生産者の畑を下見に行ってきました。
地元と言っても、山の一番高い辺りに植木畑があるので、メインは落葉樹です。
うちの近所でよく見られるアラカシ、シラカシなどの常緑広葉樹は寒すぎるのでありませんでした。
それでも、ヤマボウシやシャラ、モミジ、アセビ、ブナ、ウメモドキ、ヤマツツジ、ドウダンなどは地元のものを調達できそうでした。
特にヤマツツジは圧巻の大きさでした。
花が咲く頃にまた見に行きたいです。
植木もできるだけ地産地消でがいいですね。

本当は、カツラやソロ、エゴとかもあるとよかったんですが、副業で生産されているところなので、リクエストはできなかったです。
山にはあるのにな〜。

山の上は、桜どころか木も全然芽吹いてなくて、まだまだ冬の景色でした。
ちょうど冷え込んでいた日だったので、すっごく寒かったです。
気温はたぶん1℃か2℃くらいしかなかったと思います。



落葉の山の景色です。倒木がオブジェに見えます。
この近隣には牛を飼育している農家さんがあるので、山の落ち葉掻きくらいはしてあるようでした。
ちなみに、落ち葉は牛が食べるのではないですよ。
牧舎の土間の上に乾いた落ち葉を敷いておくのです。
すると牛は暖かくて快適だし、牛の糞と混ざって最高の畑の堆肥になるのです。
これも里山の循環型生活体系の知恵ですね。

そんな中、本物の自生カタクリを見つけました!

写真に撮ると目立つように見えますが、ひっそりとさりげなく咲いています。思わず踏みつけそうになるくらい目立たないです。
田人のうちの近辺も昔はこんな風に、そっと咲いていたんだろうなと思います。

植木畑の中にも、とってもキレイな花が咲いていました。

帰ってから調べてみると、ヤマエンゴサクという植物のようです。
自然界でこういう青色ってあまりないので、目が惹きつけられます。
すがすがしい気分になるような青色でした。

| 山野草 | 15:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
小梅さん、こんぱんワ
ほんに、植木は地産地消がいいですね。
環境が変わると、ひねくれてグレちゃうのもいますからね。
いいな、お山の上の植木畑。ぐるりと見てみたいです。
アラカシ、うちらも、先週植えました。新芽が花みたいに奇麗でした。植えているうちに、みるみるショゲてきたので少し切りました。
↓の石の階段ですが、随分、手間取ったことでしょう。お疲れさまでした。でも、とても重厚な雰囲気ですね。うっとりします。ターシャの庭の石垣みたいで(例えが軽いかなぁ)こういう石の重さが出ているのが好きです。
それに・・宇宙がテーマの園路も、羨ましいかぎり。造園工事に「ものがたり」を組めるのは、幸せですね。いいなぁ〜

こちらは、すべてが終わってから、「ものがたり」を無理やり組む事が多い今日この頃です。

そして、今年はタケノコが少ないです。
| ハル | 2007/04/18 10:58 PM |
ハルさん! いらっしゃいませ!
もうそちらはタケノコですか。
こちらは連休が終わらないとタケノコは無理だと思います。
今年は竹林の管理に困った友人に伐採を頼まれているので、タケノコの時期に合わせていっちゃおうかな、と思っています。

お山の上の植木畑、とてもいい場所にあるのですが、最近はあまり儲からないのか、夏場は草が大変なことになっていそうです。
でもこれから芽吹いてヤマツツジやヤマボウシが咲く頃になるととてもキレイになりそうです。

石の階段、本当に苦労していました。
私が風邪で寝込んでいて、松吉は暗くなってから重い足取りで帰宅(仕事が進まないから)、家の中の空気も重かったです…。
でも、ハルさんにも誉めてもらえて、苦労も吹き飛びました。

ターシャ・テューダーの庭、私も好きです。
(テレビがないうちですが、これだけは実家の母が録画しておいてくれて、見ることができました)
あのお庭は、プロには作れないし、また維持もできないよさに溢れていますね。

園路の宇宙、実は続きがあって、それは駐車場の方に入っているんです。
明日あたりから駐車場のコンクリ打設が始まるので、それが終わったらまた写真を載せますね。
色々な人に誉めらて、宇宙の話に少し乗り気になってきた小梅でした。
| 小梅 | 2007/04/19 8:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/413482
トラックバック