CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 本年もよろしくお願いいたします。 | main | 【庭作り】数寄屋のお庭つくり >>
【庭仕事】冬の竹垣作り
冬と言えば、竹垣作りです。
そもそも、どうして冬に竹垣作りをするかというと、竹の切り出しの適期が、秋の彼岸から春の彼岸までと言われるからなんです。
寒い時期に切り出した竹は、水分が少なめで締まっているため、腐りにくいのです。
昔は、近所で切り出した竹を使っていましたので、竹の切り出しシーズンと制作シーズンをあわせた方が効率がよかったんだと思います。(別の時期に作る場合も、この時期に切り出した竹を倉庫などに保管しておいたものを使います。)
剪定もちょうどお休みのシーズンになりますので、植木屋の仕事としてはタイミングもとてもよかったということもあります。
今では、流通が発達し、材料屋さんから通年で竹を仕入れることができるので、絶対に冬の仕事というわけではありませんが、竹垣仕事を見ると、ああ冬の仕事だなぁと思います。
今回の竹垣作りも、田人の山で切り出した青竹を使っています。

まずヒノキの焼丸太の柱を立てます。

そこに竹を横に渡します。
この横に渡した竹のことを、胴縁(どうぶち)と言います。


縛りながら、墨縄(黒棕櫚縄)で縦の竹を入れていきます。
この縦に入れる竹を「立子(たてこ)」と言います。
今回は、鉄砲垣という種類の竹垣です。

写真の庭木戸は市販のものなのですが、中の竹の一部を萩の枝に入れ替えて、模様をつけました。
市販のものも一手間加えるとオリジナルなものになります。

今回、一番腐りやすい柱の足下は、このように固定してみました。
ボイド管と呼ばれる円柱形の紙管の中に丸太をすっぽりいれ、それにモルタルを流し入れ、固形後に管を外しています。


で、仕上がりの様子を…、と思ったのですが、こちら側は仕上がりが夕方遅くなって写真が撮れませんでした。
同じお庭で別のところに設置した竹垣の写真です。
 


青竹が清々しいです。
設置したときは青竹で、それが徐々に色が薄くなっていくという変化が楽しめるのが、竹垣のよいところですね。


-----------------------従業員募集--------------------------------
庭園管理植吉では、一緒に庭作りをする方を募集しています。
主な仕事は、個人邸の庭作りと、お庭の手入れです。
植物に触れることができる、やりがいのある、ものづくりのお仕事です。
一番の魅力は、自分の創意工夫がいかせること、そして、自分の仕事の成果を、お客様が目の前で喜んでくださることで、じかに確認できることです。それから、日々、努力した分、確実に自分自身に技術が身につきます。
やり甲斐のある仕事、人に喜ばれる仕事、自分に技術が身につく仕事を求めている方、私たちと一緒に働いてみませんか。
http://www.uekichi.net/content/kyujin.html

 
| 庭仕事 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/946543
トラックバック