CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 【手入れ】秋のお手入れ | main | 謹賀新年 2016 >>
【手入れ】お手入れに走る師走
年の瀬も押し迫ってくると、お手入れ仕事もピークを迎えます。
年内のお仕事は年内に終わらせて、お庭もお仕事もスッキリで年明けを迎えられるよう、がんばっています。



こちらは、毎年、お伺いしてる阿武隈の山を越えた場所の赤松です。
ふたりで1日がかりです。
写真の中に人が写っていると、その大きさがわかっていただけるかと思います。



お手入れが終わった後、ふんわりやわらかく仕上がりました。
赤松は、別名「女松」、やわらかに仕上げるのがポイントです。





秋の黄金。
葉の形もかわいく、色づくところも、風情があって魅力的なのですが、
いかんせん、あっと言う間に大きくなってしまうのがイチョウです。
お庭で大きくなりすぎてしまったこのイチョウ。
葉が落ちる前に、大きく枝下ろしして欲しいというご依頼のお仕事です。



周りに家屋がありますから、屋根など傷つけないよう、ロープを使いながら、上から切り落としていきます。
木に登れなければ、植木屋仕事はつとまりませんが、一歩間違えると大けがなので、慎重に作業します。



こんなふうに丸坊主になりました。
イチョウは、真っ直ぐに枝がのびていくので、剪定でコントロールするのもなかなか難しい木です。
出来れば大きくぶつ切りすることの無いよう、毎年小まめに手入れしてあげたい生き物です。

さて、所変わってこちらは、今春作らせてもらったお庭のライトの取り付け工事です。



埋め込み用の電気コードを園路に沿って這わせていきます。



写真左側に見える灯籠の中にも、ライトを仕込みました。



ライトに照らされると、延べ段もさらに素敵に見えると思います。



こちらも追加工事で大名竹を植裁し、周りを瓦をたてて囲いました。
通常、こういうふうに瓦を使う時は、半分に切って埋めるのですが、今回は、竹の根止めの意味もあるので、そのままの深さで埋めました。



さて、またこちらは、ノウゼンカズラの支柱の交換です。
10年前に取り付けした支柱が、時間が経って、ぐずぐずになってきたので、付け替えることになりました。



同じ頃に作ったまわりにある金閣寺垣も、年明けに作りなおす予定になっています。



またしっかりと立ち上がりました。
来年の夏も、見事な花をつけてくれることと思います。



しばらく募集していた新しい仲間も加わって、植吉はいま過去ベストの布陣になりました。
年末に向けて、スパートをかけて、お手入れにまわらせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します!
 
| 庭仕事 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/946565
トラックバック