CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 【お手入れ】木立のお庭 | main | 【庭作り】木の揺れる庭 >>
【庭作り】

今年の9月は、現場泣かせの雨続きでした。

親方は、毎日天気予報を数種類見比べながら、しぶい顔をしたり、アタマを抱えたり。

シトシト雨の時は、天気予報も微妙なので、その日の朝の勘頼みになります。

10月はどうか、好天が続きますように、と祈りながら、毎日現場へ向かっています。

 

さて、こちらは5月に途中まで施工して、盆明けの仕上げ待ちとなっていた新規作庭現場です。

これまでお手入れに入らせていただいていましたが、ご自宅を全面改築されることになり、お庭造りのご依頼をいただきました。

 

まっさらになった敷地です。

 

まずは、石張りテラスです。この施工は5月でした。

桜御影石とこの辺りでは呼んでいる自然石を、コヤスケやビシャンという石道具で、割ったり叩いたりして目地を合わせてゆきます。

 

石張りテラスの完成です。

 

石張りの周りに植裁してゆきます。

緑が入ると、石とのコントラストがくっきりして締まって見えてきます。

 

全体にも、バランスを見ながら植えていきます。

植裁は、それだけで一気に空間を作ってしまうので、楽しみと同時に緊張する作業です。

 

今回の植裁は、道路側からの目隠しを意識しつつ、ナチュラルな雰囲気を目指しました。

 

庭の中に園路を配置し、島のように配植しました。

 

そして、植裁の「島」の部分以外には、防草シートを敷き、錆砂利を載せていきます。

 

2トン車たっぷりの錆砂利です。これが、ほとんどお庭に納まりました。

茨城と栃木の県境にある岩瀬という町まで行って仕入れてきました。

 

全体に敷き終えました。

 

このように島状に植栽帯を分けると、手入れするところ、しなくていいところがはっきり見えるので、庭に植物は欲しいけれど、雑草管理が大変で心配、と言われるお客様に、ご好評いただいております。

 

なるべくラクしながら、植物も楽しめるお庭造りをご提案していきたいと思っています。

 

 

路から見えるお庭です

アオダモ、シルバープリペット、トキワマンサク、ヤマボウシ、モミジ、ヒトツバタゴなどを植えました。

やわらかな枝振りをみせて、道行く方にも楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、引き続き、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

| - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/946579
トラックバック