CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< よいお年をお迎えください | main | 石積の二月 >>
一月の日々

 

 正月休みは、引っ越し以来手付かずだった土蔵の整理をしました。

 この辺りは、昔コンニャク栽培が盛んで、あちこちにコンニャクを燻した土蔵が残っています。

 

 

 土蔵から外に出した黒い木箱。

 この中に秋に掘り出したコンニャク芋を入れ、冬の間燻しながら温めて保管し、春にまた畑に戻していたようです。

 これを三年繰り返してやっと出荷となったそうです。

 阿武隈山系では広く栽培されていたようですが、中国産に押されて今はほとんど作る人はいません。

 

 木箱を出すと面白い空間になりました。ここは二階です。右側は茶室の躙り口のようになっています。

 

 梁もしっかりしています。

 全体に燻されて黒々としています。

 

 一階部分。

 土間に板を被せているところが炉になっていました。

 

 木臼や木桶、足踏み式脱穀機、蒸し器などもありました。

 

 仕事の合間にここを「隠れ家」に作り変えています。

 中に籠って作業していると、独特の小宇宙を感じます。

 

 さて、ちゃんと仕事もしています。

 松の剪定。

 

 工場の剪定。

 

 

 大きくなりすぎてしまったコナラの幹伐採。

 

 株本からもういちど幹をふかせます。

 

 いわきで最初に作らせていただいたお庭です。

 

 そんなこんなしているうちに大雪になってしまいました。

 

 雪かきのあと薪割りをしました。

 

 薪を割ると木の成長の様子がよくわかります。

 

 どんな風にして枝が分かれてゆくのか。

 

 新しく作った薪棚。

 ありあわせの材料で作りました。

 

 雪のある時を活用して残材の野焼きもしました。

 少しくらい火の粉が飛んでも安心です。

 木灰・炭は良い肥料になります。

 

 雪の日には雪の日の働き方、楽しみ方があるものです。

 さて、二月は久しぶりの石積仕事が待っています。

 今度は石と重力と向き合います。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

 

| 日々 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/946596
トラックバック