CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 台風の秋 | main |
虔十公園林と晩秋と台風被害その後

 秋が深まりました。

 なんでもない畑道にも錦の彩りがあります。

 

 

 秋の剪定シーズンになりました。

 こちらは震災の翌年に作らせていただいたお庭。

 剪定前。

 

 剪定後。

 

 水路のあるお庭。

 空き地だったお隣にも家が建ちました。

 

 阿武隈の反対側の山裾、矢祭町の友人の家。

 たまには家内に手伝わせます。

 

 

 作業後、お母さんと見る仕上がり。

 また来年伺います。

 

 こちらは街場のお庭。

 大きな木には乗り込んで手を伸ばし。

 空を鋏むように。 

 

 サンゴジュの枝透かし。

 

 6月に作らせていただいたお庭。

 エイジングな壁になりました。

 

 夕暮れに脚立積んで帰ります。

 

 宮沢賢治の童話に「虔十公園林」というのがあります。

 https://www.youtube.com/watch?v=II_m7hSv2TQ

 

 賢治の童話の中でも好きな作品のひとつです。

 お客さんから、自分の所有する農地で、いつも雑草管理にトラクターをかけているだけだから、ここにギンナンや梅やスモモを植えて、みなが花や実を楽しめるようにしたいという申し出がありました。

 10月末、お客さんと一緒に苗木を植えながら、まるで「虔十公園林」ですね、と笑うと、読書家のお客さんはすぐに察して、ニヤリとされました。

 

 

 

 数年後が楽しみです。

 

 最近、足腰の衰えを感じることが多く、時間を見つけて散歩を励行するようになりました。

 老犬と一緒です。

 

 

 久しぶりに裏山の林道を歩いていて驚きました。

 

 アスファルトの下地がこの前の台風の大水で流されて、魔が通った跡のようになっています。

 

 谷筋の道路は丸ごと流されていました。


 

 老犬はここを渡ろうとせず、呼ぶと加速して逃げてゆきました。

 何度か戻って探すうちに夕闇が迫り、こちらが遭難しそうなので諦めて帰りました。

 

 犬はちゃっかり帰っていました。

 

 

 元来た道を戻ったようです。

 秋が深まります。

| - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://garden.uekichi.net/trackback/946610
トラックバック