CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
<< 今年もありがとうございました。 | main | 庭作りの日々 >>
冬の管理作業から春の作庭へ

 年が明けて、その日その季節の課題をこなし、出会いや別れに一喜一憂しているうちに、あっという間に弥生三月になりました。

 自宅隣の梅園も咲き出しました。

 

 冬は寒肥やマシン油散布などの管理作業の他に、伐採作業や、竹仕事などに追われます。

 

 工場の伐採作業。

 秋の台風で幹折れした桜の処理。

 

 発生材は来年用の薪に使わせていただきます。

 薪に燃やした後の灰はまたよい肥料になります。

 

 竹垣仕事。

 まずは切り出した真竹の洗い作業。

 植木屋の冬のつらい仕事のひとつですが、今年は暖冬で助かります。

 

 ヒノキの焼き丸太柱建て。

 

 四ツ目垣。

 建屋側は、これも昨年の大水で冠水したので、掘削して砂利敷きしています。

 

 完了。

 写真の手前にジョウビタキが遊びに来ていました。

 

 石敷き駐車場のメンテナンス。

 2月の裸木の影。

 

 2月後半から作庭仕事が始まりました。

 こちらは震災の津波で流されたエリア。

 右手に新しく作られた防潮堤が見えます。

 

 サーファー用のコテージとして建てられた二棟の建屋。

 津波の被害に遭われたオーナーが不屈の意志で建て直しました。

 

 法面のざっくりとした石張り。

 

  空けた目地には4月に草花を植えます。

 

 

 同時進行中の新築のお庭。

 

 

 コンクリ駐車場の横に、石敷きの駐車スペース。

 

  クルマがない時には庭になるように。

 

 盆明けに作らせていただいた神社の小庭に、石碑を建てていただきました。

 令和記念のお庭ということで、工事業者として名を刻んでいただいております。

 

 植えたシマトネリコとナナカマド。

 ナナカマドに赤い芽がたくさんついています。

 新緑が楽しみです。

 

 小庭前のスペースにはベンチが置かれて近所の方たちの語らいの場になっているようです。

 

 では、またご報告いたします。

 

 

 

| - | 15:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする