CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
-
MOBILE
qrcode
3月の作庭

 

 3月のお仕事のご報告をしないまま、もう4月も半ばになってしまいました。

 我が家の枝垂れ桜も終わりかけ、桂モミジもオレンジ色の新芽を吹いてきました。

 そろそろ雑草との格闘が始まります。

 

 3月のお仕事は、その雑草対策に悩まれたお客様のお庭の改修工事でした。

 芝生とコニファーで囲まれたお庭。

 

 まず巨大化したコニファーを伐採することから始めました。

 

 ゴールドクレストは若木の時は良いのですが、巨大化しやすく、また根張りが浅いので倒れやすい木で、よく伐採依頼があります。

 

 バックフォーを入れて、芝剥がし。

 10cm下は岩盤で、芝の生育にも悪影響を及ぼしていました。

 

 芝をはがした後、客土して島状の築山を作ります。

 

 築山に、カブト虫の幼虫に作ってもらった自家製腐葉土と炭をたっぷり混ぜ込みます。

 

 今回の改修工事はデッキ前エリアだけなので、縁石で区切ります。

 

 そして築山に植栽。

 

 桜御影石で築山の土留め。

 

 土留め石に合わせて低木と下草を植え、周りの整地。

 

 防草シート敷設。

 

 錆砂利敷き。

 

 完成。

 

 築山の中の空いたスペースには施主様ご家族に草花を植えていただきます。

 植栽スペースを島状の築山で区切って、いわきに多い岩盤の庭での植物の生育を守り、周りを防草シートと錆砂利で覆うことによって雑草管理がとても楽になります。

 昨年からご依頼いただいたお庭作り。やっとお約束を果たすことが出来ました。

 新しいお庭でのお暮しをどうぞお楽しみください。

 ありがとうございました。

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

 

 

| 庭作り | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
石積の二月

 二月酷寒は石積仕事で苦闘していました。

 土場で石選び。

 

 冬の土場では、石の隙間に潜む蛇などに咬まれる心配がないので、安心してワイヤーかけの手を入れられます。

 施工前の現場。

 

 

 古い石垣が崩れかかっていました。

 

 既存の石垣を解体し、床掘。

 松などの根があるので50cm前にせり出しました。

 

 下地にグリ石を縦使いで据え、砕石を転圧してゆきます。

 

 裏込め石搬入。

 

 大石搬入と遣り方出し。

 

 大石据付と裏込め石入れ。


 裏にコンクリを入れない空積みで、しかも面積みなので、石を寝かせ、裏込め石を大量に入れて重力と土圧の分散を図っています。

 

 

 

 足元は雨でえぐれないように、コンクリ打設。

 

 

 完成。

 

 

 色々反省点はありますが、なんとか一人でやりおおせました。

 お施主様ご家族には大変お世話になりました。

 ありがとうございました。

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 庭作り | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
一月の日々

 

 正月休みは、引っ越し以来手付かずだった土蔵の整理をしました。

 この辺りは、昔コンニャク栽培が盛んで、あちこちにコンニャクを燻した土蔵が残っています。

 

 

 土蔵から外に出した黒い木箱。

 この中に秋に掘り出したコンニャク芋を入れ、冬の間燻しながら温めて保管し、春にまた畑に戻していたようです。

 これを三年繰り返してやっと出荷となったそうです。

 阿武隈山系では広く栽培されていたようですが、中国産に押されて今はほとんど作る人はいません。

 

 木箱を出すと面白い空間になりました。ここは二階です。右側は茶室の躙り口のようになっています。

 

 梁もしっかりしています。

 全体に燻されて黒々としています。

 

 一階部分。

 土間に板を被せているところが炉になっていました。

 

 木臼や木桶、足踏み式脱穀機、蒸し器などもありました。

 

 仕事の合間にここを「隠れ家」に作り変えています。

 中に籠って作業していると、独特の小宇宙を感じます。

 

 さて、ちゃんと仕事もしています。

 松の剪定。

 

 工場の剪定。

 

 

 大きくなりすぎてしまったコナラの幹伐採。

 

 株本からもういちど幹をふかせます。

 

 いわきで最初に作らせていただいたお庭です。

 

 そんなこんなしているうちに大雪になってしまいました。

 

 雪かきのあと薪割りをしました。

 

 薪を割ると木の成長の様子がよくわかります。

 

 どんな風にして枝が分かれてゆくのか。

 

 新しく作った薪棚。

 ありあわせの材料で作りました。

 

 雪のある時を活用して残材の野焼きもしました。

 少しくらい火の粉が飛んでも安心です。

 木灰・炭は良い肥料になります。

 

 雪の日には雪の日の働き方、楽しみ方があるものです。

 さて、二月は久しぶりの石積仕事が待っています。

 今度は石と重力と向き合います。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

 

| 日々 | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
よいお年をお迎えください

 去年三人で回っていたお庭を、今年は一人になってしまった為、6月から12月までずっとお手入れだけの日々でした。

 この人手不足はいつまでつづくのでしょう。

 会う人ごとに話を訊くと、ことは建築業界に限らないようです。

 少子高齢化、地域格差に世代間格差、構造の大きな変革が起きているようです。

 それでも今日は、今日のいちにち。

 最善のかたちで一日を仕舞えるよう、何か美しいものに出会えるよう、生み出せるよう、念じながら、祈りながら、なんとか日々をつなげたら、今年ももう仕舞いの日を迎えました。

 どうぞ皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 震災翌年に作らせていただいたお庭。

 池の金魚も大きくなりました。

 脚立の上から撮っています。

 

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 手入れ | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
お手入れの日々

 盆前のお手入れ仕事に精を出しているうちに、またあっという間に時間が経ってしまいました。

 しばらくぶりのブログ更新です。

 

 こちらは昨秋作庭させていただいたお庭。

 駐車場兼スロープを石模様のカラクリート仕上げにさせていただいたのですが、白華が抜けず困っていました。​

 

 建築施工側が探してくれたのが、ヤブ原産業の「スーパーエフロクリーン」。

 こすり落とすのではなく、霧吹きで吹きかけて、泡が出たらすぐに洗い流すのがコツでした。

 

 薬剤を吹きかけては洗い、吹きかけては洗いして3〜4度。

 すっかり白華が取れました。

 これはすぐれものです。

 いい勉強になりました。 

 

 

 さて真夏のお手入れ仕事、こちらは丸三年手が入らず、伸び放題に荒れてしまったお庭。

 新盆前にすっきりさせたい、ということでお手入れに入りました。

 

 

 不要な植木は伐採して、石組みが見えるようになりました。

 

 

 こちらは門構えと松のバランスが素敵なお庭。

 

 青空に透かした松葉が映えました。

 

 こちらは和風のお庭から少しずつ、雑木林風に作り変えさせていただいたお庭。

 コナラやモミジの幹がだんだん太くなって、小流れとの雰囲気も良くなってきました。

 

 樹高は二階の屋根の高さに抑えています。

 

 作庭させていただいたお庭は、お手入れしていると格別の感慨を覚えます。

 内郷のお庭。

 

 

 東海村のお庭。

 

 

 洋向台のお庭。

 

 

 さて金銀の箔を降らすようなヒグラシの声も終わり、秋明菊が花開いてきました。

 去年3度、一昨年4度刺されたハチに今年はまだ一度もやられていません。

 このまま無事に夏が過ぎてくれるのを祈るばかりです。

 

 

 ————————従業員募集————————————
業務多忙につき、従業員さんを募集しています。

一緒に、素敵な空間つくりをしてみたいと思われる、
庭作りや植物にご興味をお持ちの方のご応募、お待ちしています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
——————————————————————————

 

| 庭仕事 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/119PAGES | >>